「降りないの?」降車ボタン押され停車→男児がいつもと違う場所で降車。問題になりバス運営謝罪 同バスではボタンのいたずらが常態化

「降りないの?」降車ボタン押され停車→男児がいつもと違う場所で降車。問題になりバス運営謝罪 同バスではボタンのいたずらが常態化

「降りないの?」降車ボタン押され停車→男児がいつもと違う場所で降車。問題になりバス運営謝罪 同バスではボタンのいたずらが常態化

1 名前:スリーパーホールド(愛知県) [EU]:2022/05/19(木) 05:56:48.05 ID:zCeK1LMS0

img_e619b6cdedf69d1f63deb0261d115dfb95269長野県小海町の町営バスで、下校中の小学1年生の男の子が、自宅から4キロほど離れたいつもとは違う停留所でバスを降り、歩いて帰ろうとしたことが地元で問題となっています。

問題になってるのは小海町が運営する町営バスで、朝と夕方の時間帯は小海小学校前の停留所を経由し、児童は無料で利用できます。問題があったのは、16日の夕方。小海小学校に通う小学1年生の男の子が、本来降りるはずの停留所ではなく、自宅から4キロほど離れた停留所でバスを降り、歩いて帰ろうとしたのです。

バスを運営する町の担当課長は当時の様子をこう説明します。「降車ボタンが押されたということで、運転手はバス停で停まった、なかなか(誰も)降りてこないので声をかけたところ一人の子ども(1年生の男の子)が降りるという状況」「大変な心配をかけた親御さんたちには申し訳ない気持ちでいっぱい、その場所が本当に降りる所なのかというところで運転手のほうで声をかけたり、運転手の行動としてできなかったかなというところ」この時、運転手はここで降りて大丈夫かどうか、確認をしませんでした。

多くの車が行き交う国道141号。路側帯すれすれに車が走り、歩くには危険な道路です。男の子は歩道のない道路を400メートルほど進んだ所で歩道のある反対側へと渡り、停留所から1キロ以上歩いたところで母親に保護されました。幸い男の子にけがはありませんでしたが、大きな事故にもつながりかねない状況でした。

町営バスでは小学生が乗車している時に、降りる人がいない停留所で降車ボタンが押されることがたびたびあったということで、町は学校側とも連携して、再発防止に努めたいとしています。

https://newsdig.tbs.co.jp/articles/sbc/48914

続きを読む

続きを見る(外部サイト)

痛いニュース (ノ∀`)カテゴリの最新記事